水都大阪
水都大阪facebook 水都大阪インスタグラム

    推進体制

    ホーム > 推進体制

    水都大阪コンソーシアム

    設立趣意

    大阪では、2001年、第3次都市再生プロジェクトに『水都大阪の再生』 が採択されて以降、
    行政・企業・市民が連携し、水都大阪の再生に取り組んできた結果、
    都心部の河川に遊歩道・船着場が整備され、
    護岸・橋梁・高速道路橋脚には日常的なライトアップが施されるなど、
    大阪の水辺の風景は劇的に変化するとともに、
    それらを活かしたクルーズや規制緩和を活用した水辺の民間ビジネスが生まれるなど、
    日常的な水辺の利活用が進み、大阪は日本で最も水辺に賑わいのある都市となった。
    我々は、こうした取り組みの成果をさらなる「成長」へとつなげ、
    水と光の魅力で世界の人々を惹きつける「水と光の首都大阪」の実現に向け、
    「水と光のまちづくり推進会議」より示された基本方針に基づくオール大阪での取り組みを進めるため、
    ここに水都大阪コンソーシアムを設立する。

    組織概要

    設立平成29年2月13日
    構成団体大阪商工会議所
    公益社団法人 関西経済連合会
    一般社団法人 関西経済同友会
    大阪府
    大阪市
    公益財団法人 大阪観光局
    大阪シティクルーズ推進協議会
    委員長大阪商工会議所 常務理事 児玉 達樹
    事務局大阪市住之江区南港北1丁目14−16(大阪府咲洲庁舎38F内)
    TEL:06−6210−9311



    水都大阪の歩み

    2001年12月内閣官房都市再生本部都市再生プロジェクト認定
    2007年5月「水都大阪2009」実行委員会設立
    2009年8~10月「水都大阪2009」を開催
    2010年4月水都大阪推進委員会設立
    2012年12月大阪都市魅力創造戦略策定
    2013年4月一般社団法人水都大阪パートナーズ設立
    2017年4月水都大阪コンソーシアム事業開始



    ページトップ