プロジェクト事例6 中之島公園

整備前

整備後

中之島公園は、2010年、水辺ならではの開放性に満ちた公園として生まれ変わった。大阪市中央公会堂や大阪市立東洋陶磁美術館、大阪府立中之島図書館が立地する文化ゾーンと、緑と水辺に囲まれた自然ゾーンから構成される都市公園であり、再整備にあたっては、水辺に映える景観づくりと、観光と市民活動の場の創出をめざしてデザインされた。整備前からあったバラ園もリニューアルされ、新設された船着場からは中之島公園の眺めを楽しめるクルーズが季節ごとに運航されている。また、民間が運営する飲食施設が新たに開業した。中之島公園は河川区域にある都市公園であることから、設置にあたっては、大阪市ゆとりとみどり振興局が占用主体となり、民間事業者に使用許可を付している。

<事業主体>
【公園】大阪市(担当 ゆとりとみどり振興局緑化推進部計画課)
【船着場】大阪府(担当 西大阪治水事務所)

<供用開始>
2010年7月 [船着場]2010年9月

水都大阪の主なプロジェクトおよびエリア

水辺空間の創出 まちづくり活動
(公共空間の活用など)
都市・地域再生等利用区域 都市・地域再生等利用区域外

中之島バンクス(1)

北浜テラス(5)

中之島公園(6)

八軒家浜(7)

道頓堀川エリア
とんぼりリバーウォーク(10)-1

都市・地域再生等利用区域外

ほたるまち(2)

大阪ふれあいの水辺(8)

道頓堀川エリア
湊町リバープレイス(10)-2
キャナルテラス堀江(10)-3

木津川遊歩空間(11)-1

中之島ゲートエリア(12)

まちづくり活動
(公共空間の活用など)

中之島ガーデンブリッジ(3)

光のまちづくり
(橋・近代建築・高架のライトアップ)(4)

東横堀川(9)

木津川アドプトリバー(11)-2

水都大阪フェス

水質浄化

(番号は地図に対応)