プロジェクト事例11 木津川遊歩空間

整備前

整備後

水の都大阪再生構想にもとづく水都再生事業の一環として、大阪府により木津川右岸の千代崎エリアに2004年から順次、船着場(大阪ドーム前千代崎港)と遊歩道が整備された。
地域とのワークショップにより、あらかじめ整備計画にアドプトリバー・プログラムが盛り込まれ、千代崎連合振興町会が参加する、美化・緑化活動「アドプトリバー千代崎」が2005年よりスタートした。育てられたさまざまな草花・果実などが四季を通して鑑賞でき、地域の人々の憩いのスペースになっている。
現在も木津川沿いに遊歩空間を整備する事業が進行中であり、公共空間魅力をアートで伝える「おおさかカンヴァス推進事業」と魅力あふれる都市デザインによる木津川沿いの遊歩道整備を連携して行い、質の高いデザインとアイデアが結実した、地域から愛され誇りとされる親水空間を生み出そうとしている。

<事業主体>
【遊歩道・船着場】大阪府(担当 都市整備部河川室河川環境課・西大阪治水事務所)
【おおさかカンヴァス推進事業】大阪府(担当 府民文化部都市魅力創造局文化課企画グループ)
【アドプトリバー・プログラム】千代崎連合振興町会

<供用開始>
【千代崎港】2004年6月 [遊歩道]2005年~(施行中)

水都大阪の主なプロジェクトおよびエリア

水辺空間の創出 まちづくり活動
(公共空間の活用など)
都市・地域再生等利用区域 都市・地域再生等利用区域外

中之島バンクス(1)

北浜テラス(5)

中之島公園(6)

八軒家浜(7)

道頓堀川エリア
とんぼりリバーウォーク(10)-1

都市・地域再生等利用区域外

ほたるまち(2)

大阪ふれあいの水辺(8)

道頓堀川エリア
湊町リバープレイス(10)-2
キャナルテラス堀江(10)-3

木津川遊歩空間(11)-1

中之島ゲートエリア(12)

まちづくり活動
(公共空間の活用など)

中之島ガーデンブリッジ(3)

光のまちづくり
(橋・近代建築・高架のライトアップ)(4)

東横堀川(9)

木津川アドプトリバー(11)-2

水都大阪フェス

水質浄化

(番号は地図に対応)