水と光のまちづくり

「水都大阪水と光のまちづくり構想」は、関西全体を元気にする「大阪の都市力の向上」を目標として、構想策定から10年間、水と光のまちづくりの取組みを推進するにあたり、市民・地域・NPO等との連携をさらに強化したオール大阪の共通の理念として取りまとめた。この構想の策定により、これまでの水と光のまちづくりを加速し、大阪の魅力をさらに進化及び深化させるとともに、都市イメージを刷新し、世界に誇る水都大阪ブランドの確立をめざしている。

対象とする期間

平成23年度(2011年度)から平成32年(2020年度)まで

概要版

構想

  1. はじめに(P.1~10)
  2. これまでの取り組み(P.11~19)
  3. 水都大阪推進の課題(P.20~22)
  4. 水と光のまちづくりの取り組み(P.23~43)
  5. むすび(P.44~46)

資料編

意見募集の結果

水都大阪推進委員会は、「水都大阪水と光のまちづくり構想」の素案について、2011年7月4日から8月3日までの間、一般から広く意見を募集した。構想は寄せられた意見を踏まえて策定した。
※意見は主旨を踏まえ要約