【終了】⼤阪港開港 150年記念講演「北前船と ⼤阪 北前船が運んでくれたもの」

【終了】⼤阪港開港 150年記念講演「北前船と ⼤阪 北前船が運んでくれたもの」

公式サイト
大阪港開港150年
開催日時
平成29年8⽉5⽇(⼟曜⽇)14時から15時30分まで
会場・住所
海遊館ホール(⼤阪市港区海岸通 1-1-10)
アクセス
⼤阪市営地下鉄「⼤阪港」駅下⾞、1番出⼝より北へ徒歩約5分
入場料・他料金
無料
主催
⼤阪港開港150年記念事業推進委員会
備考
定員 250名(先着順)
定員を超えた場合のみ、ご参加いただけない旨の連絡をいたします。連絡がない場合はご参加いただけます。
応募方法 申込書に参加者全員の氏名(ふりがな)、代表者の住所、電話番号を明記のうえ、申し込み先まで郵送またはファックスでお申込みください。申込書1枚で、2名まで申込可能です。
応募締切 平成29年8月2日(水)必着
申込先 〒552-0021
大阪市港区築港2-1-2 第一大阪港ビル 7階
公益社団法人大阪港振興教会「北前船講演会」
ファックス番号 06-6575-9576
イベントチラシ 【添付ファイル】「北前船と大阪 北前船が運んでくれたもの」参加申込書

大阪港開港150記念事業推進委員会(委員長:大阪市長)は、大阪港開港150年記念事業の一環として、8月5日(土曜日)に大阪港開港150年記念講演「北前船と大阪 北前船が運んでくれたもの」 を開催します。
「北前船」は江戸時代中期から明治時代中頃まで、瀬戸内海や日本海を経由して大阪と北海道を結ぶ「西廻り航路」に就航し、多くの物資と文化を運び、大阪の経済的・文化的繁栄を支えるとともに、 瀬戸内海から日本海に至る寄港地の発展を牽引してきました。
今回の講演では、大阪港開港150年を記念して、当時活躍していた「北前船」の実態とその役割に迫ります。また、当日ご来場いただいた方全員に、大阪港開港150年記念グッズの配布を行います。
本委員会は、大阪港開港150年という記念すべき年を、多くの市民の皆様と共にお祝いするとともに、港への愛着を深めていただき、また、大阪港の港勢伸長の契機とするため、 様々な事業を 展開していきます。