水都大阪パートナーズ

水都大阪パートナーズとは

一般社団法人水都大阪パートナーズは、水と光のまちづくりを推進する民間事業者として2013年設立され、行政や企業と連携しながら事業を進めています。

水都大阪フェス2013は、水都大阪パートナーズが市民府民や地域、各種団体と協働して、開催するものです。

 

水都大阪パートナーズが実施する“水辺のまち拠点づくり”

世界へ発信する「水と光の首都大阪」の実現をめざして水辺と船の楽しみ方世界一を実現するアーバンリゾートの形成をめざします

 

拠点創造(1)中之島公園(緑、水辺、建物群の有機的連携活用)
インターナショナル・パークリゾート

・公園と一体となった新たな賑わい空間の創出
・国際交流の舞台となるエンターテイメント性あふれる水辺空間
・パークマネジメントの推進による多様なビジネスの展開

 

拠点創造(2)中之島ゲート
インナーベイ・マーケットリゾート

・市場の食ブランドを活かした水辺のマーケット
・海や川・陸との乗り換えターミナル
・緑道などで連続的に両岸をつなぐ水辺のネットワーク

 

拠点創造(3)15エリアネットワーク

 

運営体制

代表理事  高梨 日出夫

都市計画・タウンプランナー。京阪奈学術研究都市、大梅田グランドデザイン等及び大阪駅南地区(特定都市再生緊急整備地域)、ドバイ市中心市街地など国内外都市マスタープラン策定。水都大阪では、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の誘致と共に此花西部臨海地区開発協議会事務局。梅田周辺でのエリアマネジメント活動支援など。

 

プロデューサー  泉 英明

都市プランナー。高松市、下関市の中心市街地再生、東大阪市住工共生まちづくり支援など、地域再生・まちづくり支援を手掛ける。水都大阪関連では、リバーカフェSUNSET37、大阪シティクルーズ推進協議会設立支援、ご来光カフェ、北浜テラス、OSAKA旅めがね、水都大阪フェス、中之島ゲートビジョン策定等を手掛ける。

 

プロデューサー  忽那 裕樹

ランドスケープデザイナー。水都大阪2009年・会場計画及び光のアート、水都大阪フェス企画運営ディレクター、中之島ゲートビジョン策定等。近畿大学キャンパスリニューアル計画、なんばパークス、あべのキューズモール等と共に、中国等の国外プロジェクトも多く手掛ける。GOOD DESIGN 賞、造園学会奨励賞受賞など受賞作品多数。「OSOTO」(大阪府公園協会発行)編集長。京都造形芸術大学・大阪市立大学非常勤講師。

 

プロデューサー  佐井 秀樹

マーケティング事業を経て、大阪の活性化に従事。光のまちづくり委員会で、光のまちづくり構想2020を策定。OSAKA光のルネサンスのブランディングに取組み「ガイアの夜明け」で特集される。大阪シティクルーズ推進協議会設立、北浜テラス等の水都活性化に寄与。その後、ホテル経営支援、観光に取組み、長野県大町市の市民による地域活性化を支援中。

 

一般社団法人 水都大阪パートナーズ
 〒550-0006 大阪市西区江之子島2丁目1番34号
 電話 06-6444-3110
 水都大阪公式サイト http://www.osaka-info.jp/suito/jp/